【ろばやの珈琲について】

ろばやは1992年から、コーヒー焙煎をはじめました。以来、ずっと有機栽培のコーヒーや、農薬や化学肥料を使わないで栽培されたフェアトレードコーヒーを焙煎しています。

店主の珈琲好きが影響して、自宅のお風呂場のバスタブをとり小型焙煎機を設置、自分用に珈琲焙煎をはじめたのがきっかけとなり、1992年に自然食品店を開業した折、焙煎機を店舗に設置し、本格的に珈琲焙煎を始めました。

当時、有機栽培珈琲といっても種類も少なく、味の面でも業界では決して評価が高いとは言えない状況でしたが、農薬を使わない有機農法は、農家や農園で働く人にとっても、消費者にとっても、また大地にいる微生物や小動物、環境にとっても進むべき農業だと考えていました。

そこで、「有機栽培専門」焙煎という立場を選択しました。有機農家が丹精込めて作った珈琲豆をできるだけ美味しく消費者にお届けしたいという思いで焙煎しています。

 珈琲は栽培方法も大切ですが、焙煎のやり方で大きく味が変わってしまうもの。大型機械では難しい、豆に応じた細かい調整で、手作りの味を生かしています。また鮮度や粉の挽き具合、抽出温度などでも味が異なりますので、そうしたアドバイスとともに、有機栽培珈琲やフェアトレード珈琲を広めていきたいとおもっています。

【紅茶について】

紅茶は有機栽培のものを主にインド・ダージリンから輸入しています。ダージリンは茶園ごとのテイスティングがはっきりしていて上級の紅茶を取り寄せています。

沿革

1991 ダージリン、スリランカ、ケニアの紅茶畑、加工工場を見学。
1991 自然食品の普及を目的にお店を東京都東久留米に開店。同時に無農薬栽培珈琲・フェアートレード珈琲の焙煎を店内で開始。インドから無農薬の紅茶の輸入を開始。
1998 半年間にわたり、ヨーロッパの自然食品店やオーガニックパン屋、ドイツ・エコメッセ、オランダ有機栽培農家、風力発電施設等を見学。ベトナムの珈琲畑や焙煎工場を見学。
1999 東京都小金井市に移転。同じく自然食品の販売と無農薬栽培珈琲・フェアートレード珈琲のみの焙煎を再開。同時にせっけんなどの生活雑貨の卸をはじめる。
2003 無農薬栽培珈琲・フェアートレード珈琲の焙煎店を東京都国分寺市にオープン。
2014 「生活広場ろばや」(小金井)閉店

<< 店舗案内 (東京・国分寺)>>

ろばや
〒185-0011
 東京都国分寺市本多 1-6-5
【TEL】042-321-6190
【営業時間 】10時00分~17時00分
【定休日】日・月・火
【最寄駅】JR国分寺駅(北口から徒歩8分)
【駐車場】なし

★有機栽培・フェアトレード珈琲(国分寺にて自家焙煎)
★有機栽培紅茶(インド直輸入)
★農薬・化学肥料不使用のお米・いろいろ米★自然食品、エコロジー雑貨
★業務用取引、通販に関するお問い合わせ